なかじま まな美ってどんな人??ABOUT Manami

まな美さんが現在行われている活動について教えてください。
札幌市中央区で、コガオファクトリー円山店というエステサロンの運営と、サロンさん向けのエステティシャン育成コーチをしています。

エステティシャン育成コーチとしては、
個人サロンオーナーさん向けに勉強会や交流会の企画をしたり、エステサロン向けの研修や講座を行ったり
継続的なコーチングでサロンオーナーさんのサポートをさせていただいています。

そして、コガオファクトリーは、元々はわたしがずっと通い続けていたサロンなんです♪
実は、エステの中でもフェイシャルというのはとても難しい分野で、エステティシャンが触れることも摩擦というリスクになるんですね。
ですが、コガオファクトリーのメニューは医療美容機器で行うので摩擦リスクを最小限にして、
毛穴やたるみ、しみ、シワなどの肌老化に対して効果的なアプローチをすることができる。
毎回しっかり結果が出るし即効性があるというのを、私がリピーターとして通い続けた結果、実感していたんです。

そんな、自分が一生通い続けたいと確信していたサロンを、フランチャイズという形で運営するご縁をいただき2020年にオープンしました。

コガオファクトリー円山店は、ありがたいことに本当にたくさんのお喜びの声をいただいており、
ホットペッパービューティーの札幌市・毛穴ケア部門で口コミランキング1位も受賞させていただきました!
特に、「3D毛穴洗浄と艶肌小顔フェイシャル」のセットのコースがご新規様人気No. 1です♪
1ヶ月以上先まで毎日ご予約満員御礼の状態が続いていたため、スタッフを増員し、2021年12月からは営業時間も大幅に拡大しました♪

まな美さんの運営されるサロン、ここは他と違う!!というポイントがあればぜひ教えてください。
当店では、お客様の「こうなりたい」に対して「結果」でお応えする!というポリシーのもと、
受けていただく施術でしっかりと「結果」を出すために、お客様としっかりお話しする時間をとらせていただいています。
わたしは、お客様と本音でお付き合いするということをとても大事にしているんですね。
心の深い部分から解放してリラックスできる、唯一無二の場所を作りたいと思っているんです。

わたしは札幌でサロンをオープンする前、銀座のサロンでエステティシャンとして勤めていました。
そこで、エステに通ってどんどん身体が変化される方と、あまり変化がない方との違いに気付きました。

それは、
「心の状態」と「思考のクセ」が要因でした。

「今よりキレイにならなきゃ愛されない。痩せないと世間から認められない。」
と自己否定をベースにした自分への不足感を埋めるための美容だとなかなか変化しにくいんです。
銀座のサロンでは痩身の目的で来られる方が多かったのですが
もし頑張って痩せられたとしても、自己否定の思考グセはそのまま残るので、「痩せたけど次はココがダメだ」と自分のダメ出しは続いてしまったり..

私がまさにそうだったんですが、今の自分じゃダメだと思っている女性ってとても多いと感じます。
でもそのような自己否定や自分責めのマインドのままで美容に取り組んでいても、なかなか本当の意味での変化は起きなかったんですよね。

なんでエステに行くのか。
それは、綺麗になりたいから。

なんで綺麗になりたいのか。

それは、私たちは「幸せを感じたい」から。

美容だけじゃなく、私たちがしている行動って
突き詰めるとすべて「幸せを感じたい」に繋がります。

手に入れたいのは、「幸せ」なんですよね。

美容にただ時間やお金をかけるのではなく、「本質的なしあわせ」を手に入れていただきたい。

私は、そう思ったんです。

その経験を経て、お客様に良い変化をもたらすためには、施術で心と身体の両面的にアプローチすることが必要なんだと気づいたんです。

エステサロンというと、美容やダイエットのイメージでしたが、「心」へのアプローチを大切にされているんですね。
わかりやすいのは食欲です。
私もそうでしたが、心が満たされていない状態のときって、無意識に、食べることで満たそうという状態になりやすい。
どんなにエステで身体にアプローチしても、それ以上に食べてしまってリバウンドするなんてこともよくあります。

結局、「心の状態」という本質の部分にアプローチしないと、原因を解決することができないんですよね。
わたしはボディにしてもお肌にしてもダイエットにしても、根本改善、原因からの解決を目指しているんです。
そこに向き合ってあげないと、結局何をやっても対症療法になっちゃうんですよね。

まな美さんご自身にも「満たされない自分」という時期はありましたか?
はい!私は「自己否定の塊」でした!(笑)
満たされていないから、認められたくて頑張る、頑張るけど満たされない..の負のループを繰り返していました。

わたしが心について本格的に学び始めたのは、子育てをはじめてからでした。
自分の子供に、自分みたいになってほしくないと強く感じたのがきっかけでした。

恋愛もうまくいかないし、何やっても続かないし、自分のことも好きじゃない。
我が子にはそうなってほしくないという気持ちから、子育てコーチングや心の発達、性格形成などを学びはじめました。

そうやって「心のこと」を学んでいくうちに、自分が今こう感じているのはこれが原因だったのかと、結局自分と向き合うことになったんです。

自分のサロンをオープンさせた後には、なんか自分が思い描いていた理想と違う…という現実にぶつかり、
自分のメンタルブロックと本格的に向き合うようになりました。
メンターに出会い、自分が見ないようにして隠していた自分の内面ともガッツリ向き合いました。
その経験から、自分と向き合うって誰か第三者がいないと向き合いきれないんだなって気付きましたね。
自分で内観してるだけだと、都合悪いところとかほんとにほんとの深いところには、目をつぶっちゃいますもん(笑)

その内観を経て、まな美さんはどう変わりましたか?
自分の感情や身体の本音に、目を向けているようで向けていなかったことに気づきました。
疲れているのに無理して働いたりしていたし、
他人の目ばかり気にして自分の「ホントの心」にフタをしていました。

今は、心も体もすごく健康です♪
自分のこともすごく大切にしながら働いています。
そんな今の方が、20代の頃よりお肌を褒められることが本当に増えました♪

あと、美しさの定義というのも自分の中で変わりましたね。
例えば、わたし、安室ちゃんが大好きなんです。だからもちろん安室ちゃんのビジュアルにも憧れました。
あのちっちゃい顔に、長い手足、細い身体!
そうならなければ美しくないと思い込んでいた。痩せてなきゃだめ、愛されないみたいに思ってたんですね。
だから10代の時からいつも「痩せたい痩せたい」言ってました(笑)

今わたし渡辺直美ちゃんも大好きなんですね。
すごく魅力的だなと思う。どんな体型をしていようと、その人がその人らしく存在していたら、それは美しさとして世界に映るんだって思うようになりました。
安室ちゃんも直美ちゃんも、自分のカタチを貫いていて、覚悟決めて自分らしさ全開で生きている。
だからこそ彼女たちは魅力的だし、愛されている。
そういう方って人生まるごと美しいなと感じます。
生き方に「美学」を感じる方が大好きです!

なので、お客様にも「自分らしい美しさ」に気づいてもらって、その人がその人らしく輝くカタチはどんなかなって、
それを一緒に考えて叶えるお手伝いをしている感覚です。

そんなこだわりを持ってエステティシャンをされてきたまな美さんが、エステティシャンの育成側にまわろうと思われたのはどうしてですか?
わたし自身、色々なサロンを見る中で、夢や希望を抱いてエステティシャンになった新人さんや学生さんが、理想と現実の狭間で潰れていくのを目の当たりにしたんですよね。

こんなに、毎日お客様から「ありがとう」を言ってもらえる素晴らしい仕事なのに、運営側や教育がうまくいっていないから、エステティシャンの仕事の本当の魅力に気付く前にやめていってしまう人があまりにも多すぎるんです。

エステティシャンが自分の能力や可能性をもっと輝かせるようにしたいというのは、常々思っていたことなんです。
そんな思いで2018年から「エステティシャン人材育成アドバイザー」として活動しており、どのようにスタッフの能力を引き出せばよいのかと人材育成に悩むサロン経営者様のお手伝いをさせていただいていました。

現在は自身のサロン運営経験に基づく情報発信をしていることや、個人サロンのオーナーさんからご相談をいただくことが増えた経緯から、主に小規模サロンさんや個人サロンさんのお手伝いをさせていただいています。

個人的にも、自分がお客さんの立場になった時にお気に入りになるサロンって、個人サロンさんが多くて♪
サロンオーナーさんって、自分で個人サロン開いちゃうくらいの人だから、絶対熱い想いを持ってる方々なんですよね!
その想いが施術を通して伝わってくるので、とても良い時間を過ごせるんです。

それなのに、お客様にその熱い気持ちを「伝える技術」の面でもったいない状態になっているサロンさんが実はとても多いんです。

わたし、エステマニア歴20年以上なので、今まで東京・札幌で300軒以上のサロンで施術を受けてきてて、自分がお客さんの立場の時に、「技術はかなり素晴らしいのに、ちょっとしたコミュニケーションの取り方で、もったいない結果になってしまっている..」と感じる経験を何度もしてきたんです。
なので、そういったサロンオーナーの思いや魅力がもっとスムーズに伝わるお手伝いをしたいなと思ったんです。

施術は素晴らしいのに、お客様とのコミュニケーションにエラーが起きてしまってるんですね。
それには、メンタルブロックの影響もすごくあって。
「断られるのが怖い」とか「売り込みだと思われたら嫌だ」というメンタルブロックや決めつけ・思い込みで、コミュニケーションをとってしまっている方が実はすごく多いし、これってなかなか自分では気づけないんです。

お客様の欲しい未来のために、本当に必要なことをお伝えする機会を逃してしまってるんですね。

お金を受け取ることへのメンタルブロックというのもあって、
提供しているものへの対価が受け取れず、必要以上に低単価でサービスしてしまっているというのもよく見かけます。

お客様のためと言いながら、自分が豊かにならず疲弊してしまっている状態で施術していることが、本当にお客様のためになるはずがないと私は思うんです。
だって、私がお客さんだったら、疲弊している人より、いつもエネルギーに満ちていて豊かさに溢れている人からの施術を受けて元気になりたいって思います♪
そういう意味でも結局、自分の中にある「怖さ」と向き合っていかないと、根本の解決にならないんです。

やはり、ここでも根本の解決ですね。
そうですね。まず、個人サロンさんに必要なのは、第三者からの忖度のないフィードバックですね。

1人でサロンをやっているとなかなかフィードバックをもらえる機会ってそもそもないし、お友達や仲の良いお客様に「なにか意見ください」って聞いてみても、みんな大体気を使って「すごくよかったよ~!」とかしか言ってくれなかったりするので(笑)
本当は気になっている点があるかもしれないけど、なかなか忖度なしの意見ってもらえなかったりするんですよね。

必要なフィードバックがないままサロン運営していると「自分ができている部分」「いま現在まだ取り組んでいない部分」「改善、アップデートできる部分」がわからないままで、接客しつづけてしまう。

そうすると自分の取り組むべき課題がわからないから成長のしようがないんですね。

自分の伸びしろがわかると、自分にいま必要な行動が明確になり、スピーディに進化することができます。

そこで、わたしが第三者としてはいってフラットなフィードバックをすることで、
今、自分の取り組むべき課題が明確になります。
「自分ができている部分」が明確になれば、それをどんどん伸ばせばいいし「いま現在まだ取り組んでいない部分」「改善、アップデートできる部分」が明確になればそれは自分の伸びしろとなるところなので、もっともっと良い接客に進化していく。

だから、今よりもっと自分の提供する技術にも自信を持てるようにもなるんです。

技術だけじゃなくて、電話やインターホンなんかの受け答えだったり、ちょっとした所作だったり、自分では気付かない盲点になっているようなところ全部、できる限りお伝えしています。
ここで、自分の技術や所作に自信をつけて、さらにお客様に伝える・提案する技術、フラットに傾聴する力や質問力の高いカウンセリング技術を身につけたら、サロン運営は絶対うまくいくんです。

私自身、エステティシャンとしてエステサロン激戦区の銀座で個人月商420万円以上・リピート率90%超えを達成してきた実績や
自身のサロン運営でも口コミランキング1位受賞、1ヶ月先まで予約が埋まり続けるサロンをつくってきた経験、
そして、エステマニアとしてのお客様視点、そして人材育成やコーチングを行ってきた経験から、必要なことすべて余すことなくお伝えさせていただいてます。

個人サロンが大手と価格で勝負しなくても、お客様に選んでもらうことは可能だとうことですね。
もちろんです!!
【お客様とサロンが相思相愛】であること。
これがわたしが思う「輝き続けるサロン運営」のテーマです。

そのために必要なことをコーチングやメンタリングサポートで余すところなくお伝えしています。

そして、【自分が自分と相思相愛】であること。
これはお客様に、そしてエステティシャン自身にもぜひ実感してもらいたいことなんです!

それこそが、本当の「美」を導き出してくれるから。

美学と共に生きる女性は、美しい。

自分らしく生きることを一緒に楽しむ「同志」とこれからも出会っていきたいなと思います♪


インタビュー&ライティング ワガミチユウコ